映画レビュー。平均点は自動で平均化されます。画像は、管理人により最適化されています
レビュー参加はレビュー追加からできます。ネタバレは、未鑑賞者の方は押さない事を推奨

絞り込まない | タイトル一覧 | 検索フォーム表示 | 作品追加
絞り込み ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

パニック・ルーム

平均 100点
公開2002
監督デヴィッド・フィンチャー
国名アメリカ
出演ジョディ・フォスター/クリステン・スチュワート/フォレスト・ウィテカー/ジャレッド・レト/ドワイト・ヨアカム
脚本デヴィッド・コープ
製作デイヴィッド・コープ
音楽ハワード・ショア
解説アルフレッド・ヒッチコック監督の映画を意識したサスペンス・スリラー。
当初ニコール・キッドマンが主演する予定であったが、
『ムーラン・ルージュ』の撮影中に怪我をしたため降板。
ジョディ・フォスターにバトンタッチ。
ただし脇役の声を担当している。

離婚して娘とふたりだけで新しい家に移り住んだメグ。
人の強盗に押し入られた母と娘は秘密の隠し部屋に身を隠す。
その秘密の隠れ部屋こそ、彼らが目指していた場所だった。
コンクリートの厚い壁。他とは完全に独立した電話回線と換気装置。
家中を映し出すモニターと完璧なまでの防犯システム。
その部屋、パニック・ルームが作られた目的は、
ただ一つ、決して誰も侵入させない事。
ジャンルサスペンス

ジョディ・フォスターの板についた名演技もさながら、ドキドキハラハラさせてくれる映画。
3人の強盗の結束力のなさ、仲間割れは、何とも滑稽というかおかしかったですねぇ。
フォレスト・ウィテカーは、第二のモーガン・フリーマンですね。

→ [ネタバレ

視聴環境DVD
★★★★★ (100) 鯨元帥



セブン

平均 95点
公開1995
監督デイヴィッド・フィンチャー
国名アメリカ
出演モーガン・フリーマン/ブラッド・ピット/グウィネス・パルトロー/ケヴィン・スペイシー/リー・アーメイ
脚本アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
製作アーノルド・コペルスン/フィリス・カーライル
音楽ハワード・ショア
解説キリスト教の七つの大罪に基づく連続殺人事件と、
それを追う刑事コンビの姿を描いたサイコ・スリラー。
日本公開は1996年1月27日。
銀残しという現像の手法を使ったコントラストの強い映像。
アバンギャルドな音響設計による世紀末ムードが全編を覆うダークな世界観。

ある大都会。残り7日で退職するサマセットと、
その代わりとしてやってきたミルズが出会う猟奇殺人事件。
サマセットは、自分がいる残りの日数では、
とても解決できる事件ではないとして、
この事件と関わりあうことを望まなかったが、
新任のミルズが解決できる事件ではないと感じ、
事件解決に向け手助けを始めるが...。
ジャンルサスペンス

観ていて不気味ですが、先が気になる、まさにサスペンスの名にふさわしい映画ですね。
展開がだんだん読めてきて、読みどおりにジワジワと展開していく怖さは妙な感じを憶えます。
決して後味のよい映画ではありませんが、ブラッド・ピットの名を世に知らしめた映画ですね。

→ [ネタバレ

視聴環境劇場
★★★★★ (95) 鯨元帥



レオン

平均 100点
公開1994
監督リュック・ベッソン
国名フランス/アメリカ
出演ジャン・レノ/ナタリー・ポートマン/ダニー・アイエロ/ゲイリー・オールドマン
脚本リュック・ベッソン
製作パトリス・ルドゥ
音楽エリック・セラ
解説リュック・ベッソンがハリウッドで撮った初めての作品。コロンビア映画製作。
上映時間110分(完全版は136分)。言語は英語。
1994年11月18日アメリカ公開。日本での公開は1995年3月。
初期の作品『ニキータ』で描いたテーマを英語で描いた別バージョン。
レオンは、『ニキータ』の登場人物「掃除屋」から継承。
ベッソン自身レオンは掃除屋の血族であると言及。
後に監督自らが22分間の未公開シーンを加えた
『レオン完全版』が公開されている。

舞台はニューヨーク。麻薬トラブルで家族を皆殺しにされたマチルダは、
隣室の住人で殺し屋レオンのもとに逃げ込む。
復讐を誓ったマチルダは、殺しを教わるために2人の共同生活が始める。
孤独を恐れるマチルダと孤独しか知らないレオンとの切ない純愛物語。
ジャンル恋愛

非常に想い入れの強い映画ですね。見事に泣かされます。ジャン・レノの映画は、やっぱコレ。
その殺し屋は牛乳を好み、その殺し屋は植物を愛す。素敵じゃないですか。
名優、ゲイリー・オールドマンの演技も注目です。危ないですねぇ...w
スティングの名曲、『SHAPE OF MY HEART』もこの映画で一斉を風靡しました。

→ [ネタバレ

視聴環境劇場
★★★★★ (100) 鯨元帥



キング・コング

OfficialSite 平均 90点
公開2005
監督ピーター・ジャクソン
国名アメリカ
出演ナオミ・ワッツ/ジャック・ブラック/エイドリアン・ブロディ
脚本ピーター・ジャクソン/フラン・ウォルシュ/フィリッパ・ボウエン
製作メリアン・C・クーパー/エドガー・ウォレス
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード
解説ラブロマンスとホラーの要素の入ったアクションアドベンチャー。
1933年の映画『キング・コング』のリメイク。
2005年11月14日、全米公開。上映時間187分。
製作費2億2千万ドル。
2005年のアカデミー賞において、
アカデミー視覚効果賞、音響効果賞、音響編集賞、
の3部門で受賞する。

製作途中の映画を打ち切られそうになった監督デナムは、
映画を完成させるため&今までにない冒険映画を撮るため、
海図にも載ってない髑髏島を目指す。
だがそこは死に絶えたはずの巨大なる、
恐竜、昆虫、ゴリラが住んでいる島だった。
ジャンルアクション

映画館で観るべき映画なんですが、かなり面白かったです。やばいよこれ...。
リアル重視な画面狭しと暴れまくる姿は、まさに圧巻です。慣れるまで、すげぇ怖かったです...。
守るべき人のためなら、自分を犠牲にしてでも、死守しようとする姿には、感動させられます。

→ [ネタバレ

視聴環境DVD
★★★★☆ (90) 鯨元帥



絞り込まない | タイトル一覧 | 検索フォーム表示 | 作品追加
絞り込み ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行
K-REVIEW